令和4年8月の資産状況について 資産最高値を更新しました!

運用資産額1140万円となり、最高値を更新しました。

円安や日米の株高を背景に資産が一気に増えてきました。米国株、日本株共にかなりマイナスの個別銘柄があるのでそこまで資産が増えている感じはありませんが、積み立てで購入しているETFや投資信託の調子が良く含み益がかなり増えています。

今月は嫁さんの積み立てNISA口座に10万円入金し、副業のメルカリでの売り上げが5万円ほどありましたのでそちらを入金したので、現金としては15万円増えました。

先月は1085万円でしたので、株式自体の値上がりは40万円ほどとなります。

今月はどのように投資を行ってきたかご紹介いたします。

米国株について

配当金がかなり貯まってきましたので高配当株ETFのSPYDを2株購入しました。それ以外は積み立てのみで個別株は購入しませんでした。売却もなしです。

先月に「QQQ」を売却しており、現金の比率がかなり高くなってきましたので、先月からの「VOO」の積み立ては継続、新たに「QQQ」も積み立て購入を始めました。

個別株については円ベースで10万円のプラスにはなっていますが、ドルベースですと3500ドル以上のマイナスです。

円で決済し一端フラットな状態に戻そうかとも思いましたが、米国の利上げやインフレ懸念が後退したことでもう少し値が上がってくるかなと思い売却はしませんでした。

個別株の中では「アップル」や「マイクロソフト」、「シェブロン」が大きく上昇しておりますが、他の株は大きく50%近いマイナスとなっています。

円安の影響もあり、そこまで値の下がっていない米国株は円での購入としてはまだ買い時とは言えません。ドルとして現金を保持していればかなり割安な株はありますので購入して行ってもいいかもしれません。

高配当ETFについては「SPYD」が利回り4%以上となっているので購入いたしましたが、割安とは言えない値です。

日本株について

日本株については株価も上がってきているのであまり割安といえる株は少なくなってきているように感じます。そんな中でも8月前半はネオモバで1株づつ購入しているので銘柄によっては割安と感じるものもありました。

8月に購入した日本株は下記のとおりです。

  • 4765 モーニングスター
  • 6490 日本ピラー工業
  • 7182 ゆうちょ銀行
  • 6178 日本郵政
  • 8316 三井住友フィナンシャルグループ
  • 8306 三菱UFJフィナンシャルグループ
  • 9434 ソフトバンク
  • 8766 東京海上ホールディングス
  • 2914 日本たばこ産業
  • 4502 武田薬品工業
  • 8031 三井物産

以上です。割安かなと思える水準の銘柄を少しずつ拾っていきました。特に東京海上ホールディングスがかなり下げ、配当利回り4%台となったので積極的に買い増ししました。

現状はほとんどの銘柄が含み益となっているのでこれ以上株価が上がっていくようなら高配当株の買いは控えるつもりです。銘柄によっては割安のものもありますので見極めていきたいと思います。

まとめ

円安の影響で資産は増えておりますが、こちらも円安の影響で米国株が非常に買いにくい水準となっています。

株価自体はあまり上がっている感じはしませんが複利の効果で資産が増えているように感じます。

配当金も月々15000円ほどありますので、少しずつ使うようにはしています。以前は再配当のみでしたが、投資をしていても生活が良くなっている実感があまりないので数カ月に1度は旅行に使うようにしています。

配当金を使いうことで家計からの持ち出しが無いのでそれほど銀行口座の残高を気にする必要がなくなりました。

今後も積み立て投資はそのまま継続し、割安な高配当株があれば引き続き拾っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました