今を豊かにする高配当株投資について

今まではインデックスの積み立て投資のご紹介をしてきましたが、今回は高配当株投資についてご紹介していきます。

インデックス積み立て投資は将来の資産額を増やすものでしたが、高配当株投資は今現在を豊かにしてくれる投資だと私は考えています。

インデックス投資に比べると銘柄の選定や買い時のタイミングを図る必要はありますが、一度購入してしまえばよほどのことが無い限り持ち続けて配当を得ていくことができます。

インデックスの場合は含み益がどれだけ増えても最終的にはそれを売却しなければいけませんが高配当株の倍は前述したように持ちつつければ配当金が出ますので出口戦略はそれほど気にしなくてよくなります。

しかし、高配当を出す企業は成長性が鈍くなり、株価自体の成長はそこまで望めないものがほとんどです。

ですので高配当株投資とはどんなものか、などをご紹介できればと思います。

そもそも配当って何? 高配当株って?

配当とは企業が出した利益を株主に還元するものです。さらに配当の中には高配当を出す企業があり、明確な基準はありませんが、株価に対して3.5%以上の配当金を出す会社、株を高配当株といいます。

株主は買った株数に応じて配当金が分配されます。日本株の場合だと基本的には100株単位での購入となるので100株分の配当金を得ることができます。

しかし株を持っていれば必ず配当金が出るわけではありません。会社の中には配当金を出さずに自社の成長に投資したり、また収益が無かった場合など配当金も支払われないこともあります。

また配当金を得ることができる権利日というものがあります。その権利日まで株を保有していないと配当金は得られません。

株を買い、その会社の持ち主の一人になり、利益の一部を配当金という形で受け取ることです。

株を持っているだけでお金がもらえるなら最高だね。と思うかもしれませんがもちろんメリット、デメリットがありますのでそれぞれ解説していきます。

高配当株投資のメリットは?

1.配当金を得ることができる

なんといっても配当金を得ることが最大のメリットとなります。

インデックス投資は含み益はどんどん増えていきますが、その増えていったことに対して生活が豊かになっている実感は全くありません。将来や老後の不安は解消されますが、インデックス投資は売らなければお金にすることができません。

それに比べ高配当株投資は、株を持ち続けてさえいれば配当金を得ることができます。

配当金を再度、投資に回してもいいし、自分の好きなものを買ったり贅沢してもいいし、配当金を得ることで生活が豊かになる実感を得ることができます。

月に3000円配当金が入れば、携帯代が払えたり、10000円入れば、それに加え光熱費を賄えたりと配当金が増えるたびに自由に使えるお金が増えるというわけです。

配当金は増えれば増えるほど、どんどん生活が良くなっていきます。

2.完全な不労所得となりえる

高配当株は完全な不労所得といえるでしょう。

不労所得って不動産投資を想像すると思いますが、不動産って意外にやることが多いんです。例えば、仲介業者とのやりとり(物件の売買、家賃の徴収、修繕の確認)などなど、不労所得とは呼べないようないわば賃貸経営になります。

それに比べて高配当株投資は多少のメンテナンスは必要ですが、一度買ってしまえば配当金を得続けることができるので、本当の不労所得と呼べるでしょう。

銘柄を選定し、購入してしまえばあとは売らずにそのまま放置しています。

3.出口を気にしなくていい。

これもインデックス投資との比較になりますが、最終的な出口を気にしなくていい点です。

インデックス投資は保有しているだけではただ含み益が増えていくだけで最終的に売っていかなければ現金として使うことはできません。

貯金でもそうですがいざ現金にしようと思っても、その時が暴落時だったりとか、お金が減っていくのが嫌だったりとか、なにかと現金にする際にストレスがかかってくるものです。

貯金でもどんどんと減っていくのが目に見えると焦りますよね。

その点、高配当株投資は最終的に出口をどうこうするものではありません。

会社が倒産しそう、収益が赤字になり配当金が出なくなった等々、そのような場合には売却も検討しなければいけませんが、基本的には購入し放置して配当金を受け取っていけばいいのです。

将来的に売却していかなければいけないインデックス投資に比べ、銘柄選定さえ間違えなければ、ほぼほぼストレスフリーと言えます。

4.ある程度配当金が計算できる。

インデックス投資は市場平均で結果を出していくもので、平均して5~7%の成長となります。

しかし実際に毎年5~7%上昇していくものではなく、20%上がる年もあれば、30%暴落する年もあります。均していって平均5~7%の成績になるわけです。

なので毎年、成長していくものではないのでなかなか含み益が増えていかないこともあります。

高配当株投資はある程度配当金が計算できます。

多少の増減はありますが、年間〇〇円配当金が入ってくるとだいたいわかります。

私自身も高配当株には日米含め400万円ほど投資していますが、そのくらいの額で20万円ほどは配当金を得ることができています。

いまは相場が悪く、資産も目減りしていっていますが、配当金を頂くことができているのでこのような相場でも多少のストレスで乗り切ることができています。

年間20万ほど配当金があるということは月々15000円の不労所得として計算できます。

私は介護業界で長年勤めていますが、15000円を本業で得ようと思うと夜勤3回分に相当します。私は夜勤はしていませんが笑

どうでしょうかメリットだけみれば、良いものだと感じて頂けたと思います。しかしメリットばかりではなくもちろんデメリットもあります。

高配当株投資のデメリット

1.購入時のタイミングが難しい。

インデックス投資は購入タイミングを図らずとも積み立てしていけば、基本的には右肩上がりだと歴史は証明してくれています。この先も右肩上がりと断定するものではありませんが。

しかし、高配当株投資は銘柄選定や購入時期が今後を左右します。

今だけ高配当でも、今後もその配当を維持していける会社なのか、現在は割高になっていないか等、総合的に判断し購入する必要があります。

もし昨年の株高の際に購入してしまっていたら、今頃はかなりの含み損を抱えているはずです。

ですので銘柄選定、購入時期が非常に大切になります。

株高になっている際には、高配当株も株価が上がっていくのでそのような時に購入するのは避けるようにしてください。

株価が暴落している時こそ、高配当株の購入時期です。

また現在は配当が多く出ていても今後もその配当を出し続けれるかどうか怪しい場合もあります。ですので基本的には利益が右肩上がりになっている会社を選ぶことが重要です。

2.資産の増加スピードが遅い

インデックス投資と比べると資産拡大がどうしても遅くなってしまいます。

配当金はどんなに良くても4%台となっており、インデックス投資の平均7%と比べると3%の開きがあります。

純粋に資産を拡大しようと思うとインデックス投資には劣後してしまいます。

なので、インデックス投資で資産の最大化を狙いつつ、サブで高配当株をお勧めします。

高配当株をメインにしてしまうと、いざお金が必要になった時に取り崩すことができないからです。

3.元本割れのリスク、分散投資がしにくい。

高配当株は個別に株を購入していくものになりますので、1社だけを購入するものではありません。

最低でも20社以上に分散する必要があります。

1社だけ購入してしまえば、もし何かその1社にあった時、かなりの損失を食らうことになります。

なので、最低でもリスクを20~30社以上に分散する必要があります。

また個別株ですので当然元本割れのリスクもあります。

配当金をもらって、尚且つ元本部分も成長していけば理想的ですが、なかなかそううまくはいかないものです。

日本株については基本的に100株単位での購入になりますが、いまは1株から購入できる証券もあります。SBI証券かSBIネオモバイル証券が1株から購入でき、手数料も実質無料なのでおすすめです。

1株から購入できれば、1万円からでも数社に分けてることができます。

ぜひ高配当株投資を始めてみて下さい。

私のように薄給でなくても不労所得って本当にいいものです。

配当金はある程度貯まったら、再投資はせずに、旅行の資金にしています。

現在年間20万円、月々1万5千円ほどですが、これだけでもかなりありがたいものですよ。

将来的には配当金を年間120万円、月々10万円を目標に日々積み重ねていっています。目標を達成するには3000万円は必要になりますが、決して無理な数字ではないと思っています。

メリット、デメリットはありますが、高配当株投資は今を豊かにしてくれる投資になります。

投資する資金なんかないよーと思う方がほとんどでしょうが、私のような薄給介護職でもここまでの資産を形成することができました。

まずは投資資金を確保するために家計の見直しからスタートしてみてはいかがでしょうか。

生活の質を変えずに資金を捻出することはできるはずです。

皆様の資産形成の一助になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました